fc2ブログ

記事一覧

マウスによるイベント:mouseoverとmouseout

HTML上でマウスを操作するという事は、HTML上にある様々な要素をマウスを介して作用させるともいえます。そのときにもマウスの操作に応じてイベントを設定することができます。mouseoverとmouseoutマウスを動かしてHTML上の要素にマウスポインタ―を乗せることもイベントとして扱えます。そのイベントはJavaScriptでmouseoverイベントとして設定できます。また要素からマウスポインタ―が離れることもイベントとして扱えて、これはmo...

続きを読む

addEventListenerメソッドによるイベント

JavaScriptでイベントを起こす方法はwindowオブジェクトから登録する方法がありますが、イベントを登録すためのメソッドaddEventListenerを利用する方法もあります。addEventListenerメソッドの記述方法は次のようになりますイベントを起こす対象.addEventListener(イベントのタイプ, 動かす関数, イベントの伝搬);イベントを起こす対象は各種要素やwindowオブジェクトになりますイベントのタイプはイベントが起きるきっかけでペー...

続きを読む

マウスによるイベント

ブラウザで最もよく使うツールの一つはマウスといえるでしょう。JavaScriptを用いる際にその最も使われるマウスの動作によってスクリプトを動かしたい場面が多く出てきます。マウスの動作はそれぞれイベントとしてJavaScriptのイベントハンドラを動かすことができます。マウスのイベントJavaScriptではマウスの動作をイベントとして扱うことができます。マウスによるイベントと記述は次のようになりますonmousemove:マウスを移動さ...

続きを読む

イベントとJavaScript

ブラウザでページを閲覧する際に、画面をスクロールしたりある部分をクリックしたり様々な操作を行います。そのように何らかの出来事をイベントといい、HTMLではイベント属性として扱うことができます。イベントにはクリックなどのユーザーが操作するものの他に、ページの読み込みやタイマーの計測などの自動的に起きるものもあります。イベントハンドラについてHTMLではイベントをイベント属性として扱えますが、この属性の属性値...

続きを読む

Canvasでのテキスト表示

JavaScriptのCanvasは図形や画像だけではなくテキストも表示することもできます。Canvasでテキストを扱うにはfillTextメソッドやstrokeTextメソッドを利用します。fillTextメソッドfillTextメソッドは図形描写のプロパティであるfillStyleと同様に文字を塗りつぶしたテキストを表示します。(つまりは普通のテキストです)書式は次のようになりますct.fillText("表示するテキスト", 横方向の座標, 縦方向の座標)座標の扱いは図形描...

続きを読む

プロフィール

memomemoprobe1

Author:memomemoprobe1
FC2ブログへようこそ!

カウンター